headseisan

栗原農園では安心して
召しあがっていただくために
減農薬に取り組んでいます。

水耕栽培は土壌病原菌の侵入を防ぐことができます。また、ハウス内は風水害や病気から野菜を守るほか、防虫ネットにより害虫の侵入を最小限におさえています。害虫が侵入した場合も黄色誘引捕獲機や、色彩誘引による粘着方式で害虫の数を減らしています。害虫は完全に防ぐことはできませんが、害虫を食べる虫(天敵)により、大発生を防いでいます。ハウス内の生物バランスを大切にし栽培に取り組んでいます。

病原菌に対する取り組み

  1. JGAPをもとに食品衛生管理に取り組んでいます。
  2. 水耕栽培をすることにより土壌病原菌の侵入を防ぎます。
  3. ハウス内で育てることにより風水害から守り病気の侵入を防ぎます。
  4. サラダ野菜は、生育期間(30日〜50日)が短いため、病原菌の侵入率が低いです。
  5. 裁培管理により病気に強い抵抗力のある野菜作りに心がけています。
  6. 野菜の種類、品種を選択することにより、健康で健全な野菜を育てます。

害虫防除に対する取り組み

  1. ハウス内で育て、害虫の侵入を防ぐため防虫ネットを使用しています。
  2. 出入り口や天窓からの害虫の侵入があった場合は、黄色誘引捕獲機で誘引して防除しています。
  3. 黄色の色による虫の誘引をしてハエ採り紙方式で害虫の密度を下げています。
  4. 殺虫剤を使わずにいると害虫も少しずつ増えてきますが、それに伴いその虫を食べる虫も増えてきます。(天敵)ハウス内の生物バランスを大切にしいています。
  5. 捕獲網・素手により捕獲。
  6. 収穫後の水洗いなどによる除去。


Copyright © KURIHARA FARM All right Reserved.